事例から知る

介護施設を利用するお年寄りの日常や、医療機関を受診している家族のお薬情報の共有など、身近な例からサルビアネットの利点をご紹介します。

サルビアねっとの
活用事例をご紹介

  • 薬の困りごとがあるとき
    処方履歴がわからないとき

    今飲んでいる薬、過去に飲んだ薬など、薬履歴がわかるため、飲み合わせが良くない薬の処方や重複処方を防ぐことができます。

  • 離れて暮らす親が、
    病気・ケガで病院を受診するとき

    離れていてすぐには向かえない。そんな時、本人が伝えることができなくても、施設間で情報を共有し、確認することができます。

  • 救急で病院へ!
    そんなとき

    健康のつもりだったのに、救急車を呼ぶ状態に!
    一人暮らしや、家族が居ても自宅以外で倒れたりして、救急車で病院に運ばれた時に、意識がない。
    一刻を争う状態の時に、サルビアねっとに参加していたら、過去の病歴やアレルギー情報などが参照できます。

  • 災害時、診察券やお薬手帳がない…
    そんなとき

    災害で診察券やお薬手帳もない状態に・・・。サルビアねっとでは、あなたの情報が検索できます。

まとまっていく医療・健康情報

  • 電子カルテ情報
  • 過去の薬の処方歴
  • アレルギー
  • 医療機関の受診履歴
  • 検査結果
  • など